本は友達!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「風の中のマリア」 百田 尚樹

<<   作成日時 : 2010/06/24 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

月曜日。
いつもの通り目覚め、
朝ごはんを作る為にリビングに下りて、カーテンを開けようとすると。

カーテンの下に、なにやら黒い筋が。

ええつ!何!?

メガネをかけて見るまでもなく、
それはの行列がなす1本の黒い筋でした!

慌てて床を見ると、いるわいるわ。
子供の頃よく観たアニメ、『トムとジェリー』で蟻が行進する時のBGM、
♪チャンチャンチャンチャン チャンチャンチャンチャン チャーンチャ〜〜チャ チャ〜〜ン♪♪
高らかに頭の中を駆け巡る・・・。

さてそれからは、蟻駆除隊と化した私。

朝練の為早々と起きてきたザブチには、
「悪い!そこらへんのもの温めて食べて行って!」
と、せっせと雑巾掛け。
「ザブチは遅れるから、参戦しなくって結構よ!」!と、鼻息も荒く、
朝から大仕事。

でもこの日は、とてもついてる日だったのでした。

ラッキーポイント
 @お弁当を作らなくって良い日だった。
 Aザブチが朝練で早起きしていた。
 Bおとうしゃんの仕事が休みだった
 C以前子供たちの『国語』音読の宿題で、蟻の話があった(確か)。
 D『風の中のマリア』を読んでいた。

@Aは、時間的なところで。

勿論、蟻駆除大作戦で大きな働きをしてくれたのはおとうしゃんで、
条件Bがなかったら・・・、今の落ち着いた我が家の暮らしは、
こんなに早く訪れなかったことでしょう。

そして、CDを読んでいたおかげで、
”餌を見つけた働き蟻が、匂いの道しるべをつけて、餌場まで皆を誘導するんだっけ・・・”
と思い至り、
台所の砂糖壷までの道筋を、
雑巾で何度も拭って蟻たちを混乱させるのに成功!

とにかく大変な朝でした。

思わぬところで役立った、この本の主人公はなんとスズメバチ
戦う為だけに生まれたハンターマリアの一生。

王国と妹達のためには情け容赦のない彼女の一生を読むと、
知らなかった蜂達の世界にかなり詳しくなるはず。
読み口は擬人化され?読みやすいけれど、ファンタジーではなく、
図鑑のページを捲ったような知識も自然に入ってくるから不思議。

知っていたことも物語の中で出てくると、
「ああそうなんだ」とストンと納得できるのでした。

スズメバチって蟻に近いんだって、確か書いてあったっけ!
・・・この朝1番に浮かんだこと。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
朝イチの”恐怖”体験だったねぇ。
タイムリーな知識もありがたいだろうけど
お父さんの駆除方法もまた、
きっと理論的な対処だったに違いない!
一家に一人。。。お得?だわ〜〜。
(いやいや、そんな事が起こらないことを祈るけど)
なににせよ、おつかれさんでしたー。

百田さん・・・
「ひゃくた」さんなんだね。
「ももた」さんだと思ってた。
先日、週刊ブックレビューにでておられました。
さすが、時の人。
リクエスト入れても、予約数3桁がならんでます〜3
『ボックス!』は、アニキの友だちに借りて今読んでるよ。
試験週間中にも、待ちきれなくって読んでたんだって。
今まで本を手に取ることがあまりない子が、
「おもしろいでしょ〜〜」と言ってきました。
中学は朝読書が義務なんだけど、
”義務”と考えたらイヤだけど、こうやって楽しみに目覚める子もいるならまんざらでもないね。
shiho
2010/06/26 22:43
ありの行列なんてここ何年も見ていないような・・・
一階の方は地面から近いからかよくアリ虫コロリを置いているのを見かけますが・・・
我家では砂糖壷の蓋にゴムパッキンが付いているものを使ってます。
そして、使いかけの袋の中の砂糖・・・これもゴムでくくっています。
母から聞いた話だと、ありはゴムのにおいが嫌いらしく近寄らないんだって。
お試しを・・・
sachi
2010/06/28 11:59
朝からの蟻の駆除、お疲れさまでした。
我が家は、一昨年縁側にシロアリが発生していることがわかり
家に被害が及ばないようにと、大慌てで駆除したことがありました〜。
蟻の道もいちど出来ちゃうと大変なんですよね。
子どもの頃、アイスの棒なんかをその辺のゴミ箱にいれると
叱られたものです。

cochiさん、情報が早いわぁ。
告白もこちらで知ってから、読んでみたいと思ったら
図書館は予約が一杯で1年以上待ちだっだし。(結局単行本を買いました)
この本も、やっぱりそうかも。
ROKO
2010/06/28 12:57
shihoさん、
>理論的な対処だったに違いない!
理論的かどうかはさておき(だって私が理解できない!?)、
杜撰な私とは真逆をいく、丁寧で緻密な対処でありました〜。

『ボックス!』映画はどうだったんだろうね?
観たいような観たくないような・・・。
cochi
2010/06/28 17:22
sachiさん、
家の庭(といえるかどうか)は、自然のままなので、
雑草は多いし、虫もたくさんいるんだよ。
蟻はもちろん、ダンゴムシの多さにも参ります。
普段はどうってことないけど、
たまに心を入れ替えてお花を植えたりするじゃない?
そうすると、綺麗に花びら食べられてたりする・・・。

蟻がゴムの匂いを嫌うなんて知りませんでした!
幸いにも水屋の中の砂糖は、ゴムで縛ってたから無事だったのかしら!?
cochi
2010/06/28 17:25
ROKOさん、
実家でも時々蟻がやってきていたりしたので、
やっぱり築年数が増えると、隙間が多くなってくるのでしょうか?
シロアリは怖いですよね。
家もそろそろ調べてもらった方が良いのかしら。

『告白』・・・こちらもただ今上映中ですよね。
こちらもどんな風に映像化されてるのか、
気になりませんか〜?
cochi
2010/06/28 17:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
「風の中のマリア」 百田 尚樹 本は友達!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる