本は友達!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「甘党ぶらぶら地図」   酒井 順子

<<   作成日時 : 2010/09/01 17:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ザブチも中学生になり、家族で行動することもめっきり減りました。
これも時の流れ?
そんな訳で、この夏の唯一にして最大のイベントは山口帰省。

錦帯橋の花火にも行きました。
画像

久々に行く花火大会、
女の子の浴衣は勿論、男の子の浴衣姿もチラホラ見られ、
和服好みの私は、そちらも楽しませてもらいました。

子供たちは、ジジババとプールや海水浴も楽しみ、
実に夏らしい夏だったことでしょう!

shiho家兄妹と。
画像


今回は山口から浦和まで帰ってくる途中、
奈良の祖母宅で1泊し、伊勢神宮へお参りもしました。

伊勢神宮といえば、天照大御神が祭られた日本の中心ともいえる神社。
そんな知識しかなかった私。

伊勢神宮は外宮内宮に分かれていて、
まず外宮からお参りするのが正しい方法だそう。

外宮に祭られているのは、天照のお食事を司る豊受大御神

まず御正殿から。

画像


お参りは鳥居を潜って、お賽銭を投げて・・・、
そこまでは今まで行ったことのある普通の(?)神社と同じです。

でもお賽銭箱の前には、真っ白な御幌が掛けられていて奥は見えないのでした。
御幌の向こうの最も奥に立つ正殿に、豊受大御神がいらっしゃるそう。

画像


ババーン!!と煌びやかでなく、
素朴な造りのお社と、薄い絹の向こうにいらっしゃる神様・・・、
古の”とき”と神秘的で厳かな雰囲気が感じられます。

せっかくなので近くにあるという、月夜宮もお参りに行きました。
こじんまりとしたこのお宮は、とても涼しかった!

外宮から少し離れ人影もまばらな上、
”神様が宿ってらっしゃるに違いない”と思われるような、巨木がたくさん。
子供たちが手を広げても全く届かない、太く大きな幹。
枝の上には小さなお家が建てられそうな、そんな木が。

画像


こうして外宮を後にし、内宮へ。
お昼ごはんには、参道で名物いせうどんをいただきました。
太いうどんに濃いお醤油ダレを絡めて食べるこのうどんは、
思ったより辛くも無く、食べやすいお味。

そして、人で賑わう宇治橋を渡ると、
いよいよ内宮へ。

時間のせいか、ここの人の多さは、外宮の比じゃありません。
天照を祭った御正宮への階段も人でいっぱい。
いつもこんな感じなのでしょうか?
それでもなんとか家族そろって、白い御幌の前で手を合わすと・・・、
どこからとも無く涼しい風がサァーっと吹き抜けてくるではありませんか。

思わず目を開いてみると、
それは御幌の向こう、
天照大御神が鎮座まします、奥の御殿からの涼風。

フワリと捲くれた白絹の向こうに、
正面からは見えないお社もしっかりこの目にすることが出来ました。
(お参りした後、横からゆっくり眺められます)

卒論のテーマが天照だった私、今頃ですが、
女神が「よくきましたね」なーんていう声を掛けてくださった、そんな気にさせられたのでした。

こうして無事一通りお参りを済ませ、
なにやらお役目を果たしたようなほっとした気分で、おはらい町を再度歩いてみると・・・。
暑さは先ほどと変わらないはずなれど、
お土産物や美味しそうな物のお店があちこちに。

伊勢といえば、赤福
それでも今食べたい物は、やっぱり冷たい物・・・。
そこで、しっかり目をつけていた豆乳のソフトクリーム屋さんへ。
大豆の味のする、さっぱりしたソフトは実に美味。

看板も可愛い。
画像


こうして、暑いのに小雨がぱらつく中、内宮を後にし、
これまたせっかくだから・・・と別宮の月讀宮へ。

こちらの宮はさっき外宮で行った月夜宮と、どうちがうのでしょう?
調べてみると、月讀宮の方は、天照の弟神、月讀尊がご祭神で、
月夜宮の方は月の神様月夜見尊が祭られている・・・と書いてありました。
このお2人は?別人なのか。いやいや同一人物?
ま難しいこと考えずに素直にお参り。

4つ並んだお社には、これまた実に懐かしい伊佐奈岐・伊佐奈弥神も祭られていて、
どこからお参りしてよいのやら、少々戸惑ったのであります。

内宮や外宮は大きくって、そういう目で見るせいか、
実世界と離れた、厳かな雰囲気を漂わせている気がしますが、
離れた場所にある別宮は、何にも無いところに(失礼!)ポン!っと普通にあって、
実に不思議な気がしたのでした。

近いからこれまたついでに・・・、
二見の夫婦岩にも行ってきました。

画像


夫婦だけど奥さん側(たぶん)の岩、小さい・・・。
親子岩でもいいかも。

伊勢をたっぷり堪能し、帰宅。
これで夏もお終い。
早く涼しくならないかな・・・。

さて、この本は日本全国のご当地甘味を紹介してくれる、
実に魅力的な1冊です。
伊勢は、やはり赤福が紹介されていて、
お参りのシーンは、私が感じたこととよく似ていて、嬉しくなってしまいました。
美味しい物が食べたいがゆえに、行きたいところが増えそうです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あぁ、なんと!
実は今夏は、伊勢に旅行に行く予定だったのです。

伊勢神宮って、色々分かれているんですね。
なにせ、家にツアコンがいるもので(夫とも言いますが)
私は下調べは、ほとんどしていません。

参道にある色々なお店に行ってみたかったなぁ。
いせうどんに、赤福 うらやましい〜。
ROKO
2010/09/03 01:05
ROKOさん、
お嬢さん、その後なんともありませんか?
こんなに暑くっちゃ、体調も悪くなりますよね。
夏風邪、いつにもまして辛そうです。
でも、秩父レポート、楽しく読ませていただきました!
とっても涼しそうですね〜。

伊勢にもまた、是非行ってみて下さい。
ご主人のツアーコース、素晴らしいんですもん。
あの近隣には観光地がたくさんあるので、
いったいどこをピックアップされるのか、興味シンシンです。
歩き回るには、寒いぐらいの方が良いような気がします。
(寒くなれば寒くなったで、意見は変わるのでしょうが・・・)
cochi
2010/09/03 15:37
お伊勢さんへは二度ほど訪れました。
いつ行っても神宮内はきれいに掃き清められて、宮司さんも背筋をしゃんとして歩いているのがいいですね。
赤福に行ったのなら、是非食べて欲しかったのが、赤福こおり
なんと抹茶カキ氷の底に赤福が三個入っていて、とっても美味しいんです。
ここの赤福本店と名古屋高島屋の赤福のイートインでしか食べられないんですよ。
しかも夏限定です。
こんどは是非是非食べてね。
そうそう、赤福茶屋で出てくるお茶は半ほうじ茶なんです。
ほうじ茶と緑茶の良いとこ取り?
sachi
2010/09/17 21:31
sachiさん、
お返事おくれてごめんなさい!

赤福こおり、是非食べたかったなぁ〜。
事前に聞いておけばよかった。
ガイドブックにも出てなかったよ!さすがsachiさん。

二見で買ったほうじ茶、とても美味しかったです。
実はほうじ茶の名産地?
cochi
2010/10/05 17:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
「甘党ぶらぶら地図」   酒井 順子 本は友達!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる