本は友達!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「七人の敵がいる」   加納 朋子

<<   作成日時 : 2010/10/04 17:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

本日の試合は雨の為中止。

さて、今日の試合が無くなった・・・ってことは、
お当番&車出しが新たに必要だということで。

ああ、また幹事さん大変だ。
振替日はきっと平日に違いないから・・・、さらにさらに大変なはず。

少年団の時と較べると、回数なんて段違いに少なく、
テント張り、ジャグに飲み物つくること、ボトルに水入れたり、タオルの用意等、
部員(1年生!)が全部準備してくれるから、
お当番の仕事といえば、あっけないぐらい楽チンで。

中学生ともなると、普段の様子なんてなかなか見る機会がないから、
お当番として座ってるのも、そう悪いことじゃない−。

先生には大変お世話になってるし、
役員さん、幹事さんの大変さからすると、できうる限りお手伝いします!
もちろん本気でそう考えております。

けれど・・・。

やらなきゃいけないからやるけど、誰かがしてくれるんならしたくない・・・っと。
そんな風に考えなくもない。
こんな気持。

子育てする上ででてくる、様々な問題や負担。

この本読んでいると、いたるところで、「そうそう!」と頷いたり、
「えっ!それはまずいでしょ。」とびっくりしたり。
読後はスッキリ!

職場でブルドーザーの異名を持つ陽子さん。
旦那様以上に!?バリバリと仕事をし、働きながら息子を育てる彼女。
そんな彼女が周り中を、敵にしてしまった訳は・・・。
それは、息子が小学校に入学して初めての保護者会、
PTAの役員決めの場から始まったのでした。 

集まってくる?お母様方もかなり個性的で、
一般例にはならないでしょうが、とにかくパワフルで面白かったのでした。

七人の敵がいる。」
その後に言葉が続くなんて、恥ずかしながら知りませんでした!
そうなんだ。
良かった〜っ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
この本、なにかでチラリと見たような・・・。
いつ、どこでかを思い出せない年代でーっス!

子どもにかかわることは、出来ることはなるべく・・・とは思うものの、
やっぱりやってくれる人がいるとお願いしたいもの。
でも、任せたら任せたで心苦しかったりもして、なかなか複雑なものだね。
「しません!」と断言した時、
批判もろとも受け入れる強い精神力がないせいと思います・・・。

ま、今のところ、けっこう楽しんでやってるんだけどね。
それでも、やっぱり面倒くさいのだ。。。

shiho
2010/10/05 13:05
そうそう。
ハナちゃんのお家、アップしてくれてありがとう!
かわいいねえー♪
その後、あそんだりしてるの?

もしかして、お人形も・・・手作りだよね!?

わたしも作りたくなったなぁ。。。
(↑あくまでも、わたし。ムスメじゃない☆)
shiho
2010/10/05 15:51
shihoさん、
>批判もろとも受け入れる強い精神力がないせいと思います・・・。
本当にそうだよね。
その覚悟がないから、
「・・・じゃぁ、やります」って言った方が気楽だったりして。
で、その後”何だかな〜”って思ったり。
喉元過ぎりゃ−なんだけどね。

ハナコのお家。
夏休みの宿題として学校に出した後、
持ち帰ってきて−、
洋服ダンスの上に置きっぱなしになっております。
かろうじて原型は留めているようで〜す。

ねずみの人形は、”ねずみのお雛様”として本に載っていて、
ハナコは「このお雛様作る!」と張り切っていたのですが、挫折。
結局いろんな仲間達が(3匹だけど)、
このお家に集ったのでした。
cochi
2010/10/05 17:06
>そんな彼女が周り中を、敵にしてしまった訳は・・・。    
>PTAの役員決めの場から始まったのでした。
うわぁ、この本すごく興味があります。

PTAって、何だかなぁって思う事ありますよね〜。
やっても、やらなくても・・・。
最近活動に打ち込んでいる私ですが、頑張りすぎ?
って思うこともあって、時に回りからどう見えているだろうかと
気になることも。
まぁ、自分で決めたのだから、どうであれ
構わないと思うところもありますが・・・。
結局、shihoさんもおっしゃってますが、精神力ですかねー。
ROKO
2010/10/05 17:41
ROKOさん、
PTAをテーマにした本・・・っていうだけで、
興味がわく年代ですよね。きっと。
周りは敵だらけ−とはいえ、
素晴らしい!!と喝采したくなる陽子さんの舵さばき。
実際にもこんなふうに進むとよいなぁと思うシーンも。

子供が高学年になって、
私自身はかなりPTA活動から遠ざかってしまい、
もう少し協力したほうが良いかしら?って気もします。
同じ人間でも、時とともに変わる場合も多いですし、
PTA活動って奥が深い・・・。
cochi
2010/10/06 20:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
「七人の敵がいる」   加納 朋子 本は友達!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる