本は友達!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「明日につづくリズム」   八束 澄子

<<   作成日時 : 2010/11/08 15:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

10月23日(土)は中学校の合唱コンクールでした。

1年生から3年生まで、各クラス1曲ずつ。
舞台に並べられたトロフィーから察するに、
それぞれの学年ごとに、1位2位3位を決める様子。

体育館ではなく、南浦和文化センターを貸し切って行われるあたり、
学校としてもかなり力を入れた行事なのでしょう。
そういえばこの時期に行われる、文化祭について聞いたことがないので、
それにあたる行事なのかもしれません。

天気はあいにくの大雨。
しかも、台風ときたもんだ。
大雨の中、「さ〜む〜い〜」とハナコと叫びながら会場へ。

ザブチのクラスは、「地球の詩」を歌いました。
どうやら彼は気分良く、歌い上げている様子。

独りだけ、身体が曲に合わせてユ〜ラユラ。
ちょっと目立っていて?、少々気恥ずかしい。
あそこで熱唱しているのが、我が子であるとは誰も判らないはずなれど。

結果は、なんと1年生部門2位!
画像


夕方、
「はじめまして、・・・です」と、
聞きなれない名前で、いつになく丁寧な電話がザブチに。
何ごとかと思ったら、
「うちあげ行く?」って内容だったそう。

ザブチは愛想もなく、
「行かない、じゃーねー」とすぐ電話をきってしまったので、
”うちあげ”の内容は判らずじまい。

打ち上げかぁ。
まさか飲みに行くって話しじゃないだろうし、
今時塾なんかで、遅い時間にも皆で出歩いたりしていて、
そんなこと全然”特別”じゃないのかな?
でも中学校1年生が、遅い時間に子供たちだけで集まるのってどう?

そう思う反面、
「メンドクサイ」なんて言わず、ちょっと行ってみれば良いのに〜。
クラスの友達(主催は女子らしい!)と交流深めたら良いじゃん。
なんて思ったりもするのでした。

時代も違うし、
田舎で育った自分と、我が子とは環境も全く違うし、
親ゴコロもなかなか複雑です。

友達、学校、家族・・・。
これから様々なことに思いをめぐらせながら、
時にお互い衝突しつつ、成長していくのでしょうねぇ。

まさにそんなお年頃が主人公のこの本は、
2010年中学生の部読書感想文の課題図書でした。
表紙が素敵でページを開いてみると、そこには懐かしい広島弁が。

舞台は因島
この物語の主人公は、中学3年生千波
受験をひかえ、自分の将来、夢と現実について、揺れ動く年頃。
大好きなポルノグラフティの歌詞に自分の心を重ね、
新たな一歩を踏み出そうとするまでの物語。

里子として家で預かっている小さな弟大地と、
千波の家族の姿がとても良かった・・・。

ラスト、ポルノグラフティの因島凱旋コンサートでの皆の合唱は、
目に浮かぶような気が・・・。
盛り上がっただろうなぁ。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ステージで歌うなんてすごい体験だね!
そりゃ、気持ちよくもなるさ〜〜〜。
ザブチくんは歌が好きなのかな。
ハナちゃんのピアノの音も家で聞けるし、
まさしく音を楽しめるのはステキなことだね。

打ち上げに発展するあたり、やっぱり都会だわ。
うちは終わってやれやれって感じみたいよ。
参観後の懇談では、眉をひそめたくなるようなクラスの様子も聞いたりして、
今どきの中学生っぽかったりもするんだけどね。
イロイロだわぁ。
shiho
2010/11/08 20:48
shihoさん、
>眉をひそめたくなるようなクラスの様子
って、どんな感じ?
少年団にいた頃と違って、
集まる機会がないので情報が全然入ってこないんだよ。
三者面談で聞く話は別物だろうしね〜。
cochi
2010/11/09 16:16
中学生ともなると、体も大きくなるし理屈もいっぱしになったりして、先生との関係も横並びだって勘違いしてくるようで、
ふざけて授業妨害っぽいこともあるみたいです。
実際、参観の時ですら、先生に対してしつこい物言いをしてる子がいたしね。
あと、男女間で上靴をすりかえるとか(なんだか小学生レベルっぽいけど、男女間ってところがイヤだよね)。
アニキも中学に入ったとたん先生批判が出てきだして、大人への視線がシビアになったなぁーって思ってたところ。

家での様子も含めて、なんだかムツカシイお年ごろだわ。
shiho
2010/11/09 22:17
文化祭っていつ行なわれるんだろう??
まったくないのかしら?
それにしても、合唱祭はいつの時代も・・・って感じたけど、打ち上げとは時代は変わっているんだなぁ〜と感じました。
私たちの時は教室で、ポテトチップスやジュース(1L入り)で乾杯!!だったけど、塾や習い事で時間が合わない子供達も大変ですね。
そんな中よく練習できたよね。スゴイ!
sachi
2010/11/10 00:16
shihoさん、
身体もだんだん大きくなってきて、
下手すると先生よりも背の高い子なんかも出てくる頃だもんね〜。
確かに大勘違い、でてきそう。
近所周り、まだまだちっこい子ばかりで、
お子様イメージが抜けきらない私ですが、注意してみよう・・・。
cochi
2010/11/10 16:47
sachiさん
こちらは文化祭なさそうよ。
この合唱コンクールがそれに替わるものみたい。

練習は毎日の放課後30分ぐらいやってたみたいだよ。
カバンのなかでグシャグシャになりつつあった、
学級通信発見して知りました!
cochi
2010/11/10 16:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
「明日につづくリズム」   八束 澄子 本は友達!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる