本は友達!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「奇跡の百人 −音読・暗唱で脳力がグングン伸びる−」  杉田 久信

<<   作成日時 : 2011/01/31 16:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

土曜日は、
久しぶりにハナコが参加する育成会の行事の、手伝いに行ってきました。

埼玉の郷土カルタを使ったかるた大会で、
毎年この時期、底冷えのする!?体育館で行われます。

県内の名所・旧跡や文化・特産物についての読み札にあわせた、
絵札(県内の小学生が描いた)46枚を取り合うかるた大会は、
子ども会の全県的行事になっているそう。

毎年、
市町村の地区大会から市町村大会、ブロック大会、
県大会まで開催されていると聞いたときにはびっくり!

本格的な大会に参加したお友達の話を聞くと(「勢いで申し込んじゃった」そう)、
読み札が読まれると同時に、
「はい!」と札を取っていく声が響くそうです。
「およびじゃなかったわぁ〜」と母の弁。

毎年参加するこの育成会のかるた大会は、
審判も付け焼刃で講習を受けた我々保護者がするぐらいの、
ワイワイ賑やかな気楽な行事です。

私が担当した場は、1年生チームで、まあその賑やかなこと。
ギュッとくっついて座って、
「正座して手はお膝」のはずが、いつの間にやら円を囲むようになっていて、
元に戻すのに苦労したり。

1枚の札に何人もの手が重なっていることも多々あり。
もめそうになりジャンケンしたり(正しい大会だったらありえない!?)。

間違えないように札を取る前に、いちいち私の顔を見て確認してから取りに行っていた男の子、
それで何枚取り損ねたことか。
かとおもえば闇雲に手をつき、おてつきだらけの子がいたり。

わが子の手が離れつつあった私には、
新鮮且つ結構大変なお手伝い!?だったのでした。

ハナコも遠い高学年チームの場で、
大いに楽しんだ様子。
こちらとはずいぶん違う場の雰囲気だったことでしょう。

カルタといえば、
ザブチも3学期には学校で百人一首大会があるらしい。

最近ポチポチっと覚えている様子。
それで、本屋でこの本をみつけて、
「これは良い!」と勇んで買ってきたのに、
「クラスの女が持ってきてるから、真似してるみたいで嫌!」
と、学校へは持参してない様子。

あら、もったいない。
左ページ全体が上の句、
右のページが前頁の左ページに続く下の句と意味をいう形で、
覚えるのに便利なのに〜。

十首ずつページも色分けされていて、
確かに覚えやすそう。
ただ、
赤いページを見た後は、しばらく目がチカチカしますが・・・。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
へえ!かるた大会かぁ。
おもしろそうだねー。
以前お土産にもらったあのかるたね?
ムスメも大好きでよくやってたなー。
読み札も絵札も工夫が感じられるし、郷土のかるた感満載だよね。
これなら県大会までするのも分かる気がする。

かるたとか、神経衰弱とかって子どもの方が強くない?
どうやら7歳前後の子ども達って、
ちょうど写真を見るように全体を視覚で覚えてしまうって聞いたことがあります。
いちいち位置を確認する大人じゃあ太刀打ちできないよねー。
で、ハナちゃんの成績はいかに???

こちらでも中学は百人一首大会があるそうです。
夏くらいからアニキは宿題でちょこちょこ覚えてたけど、門前の小僧でムスメも多少・・・。
一番好きなのは「これやこのー」の”蝉丸”さまだそうでーす。

shiho
2011/01/31 22:24
お正月に百人一首。昔々、祖父母の家で親戚が集まると
やっていました。
だけれど、小学生の私は全然覚えていなくって。
札がとれないとつまらないものですが、あんまり覚えようっていう
気がなかったのですよねー。
この本があったら、覚えられたかな?
記憶力が鈍っていますが、覚えられるかちょっとやって
みたい気がします。

それにしても、私の子どもの頃はこんな行事やっていなかったかも。
かるた会が全県的行事なんて、はじめて知りました〜。
ROKO
2011/02/05 14:06
shihoさん、
そうそう、あのカルタです。
実に郷土色満載のカルタですが、
販売場所が限られてるので、実は持ってる人は結構少ないんだよ〜。

今までは学年ごとに順位つけていたのに、
今年は皆同じ”頑張りましたで賞!”っていう賞状貰ってました・・・。
得点集計なんかに時間がかかるからなのか。
わかる気もするけど、競ったほうが張り合いでるのにね。

ザブチの好みの句、聞いてみよう。
そういう風に覚えてるといいんだけどね☆
cochi
2011/02/06 11:19
ROKOさん、
子供の頃家にも百人一首があり、よくやってました。
”ぼうずめくり”を。
それでも札に馴染みがでて良かったのかもしれませんね。
せっかくだから、今度我が家でもやってみようと思うのに、
ルールを忘れちゃってることに気がつきました!
真ん中に札を置いて、坊主が出たら持ち札全部返す・・・。
そんなルールだったような気がするのですが。

正しい百人一首きちんとすると、
どれぐらいの札が取れるのでしょう??
こちらをすべき?
cochi
2011/02/06 11:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
「奇跡の百人 −音読・暗唱で脳力がグングン伸びる−」  杉田 久信 本は友達!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる