本は友達!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「卵をめぐる祖父の戦争」  デイヴィット・ベニオフ

<<   作成日時 : 2012/07/09 13:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

先週中学校で、初の進路説明会がありました。

ムシムシする体育館で3年生も一緒に先生方の説明(進路指導のスケジュール・テスト・面談等)を聞いた後、
教室にもどり卒業生の体験談を聞かせてもらう・・・という内容。

期末テストも終わり、夏休みも間近。
“勝負の夏!!”なーんてよく聞くのでちょっと怖ろしい・・・。

夏休み中には、色々な高校の学校説明会があるようで、まずこれに出向く。
とにかく見て廻る。

「メリハリをつけた生活を」
「最後まで諦めないで!」
「毎日10時間は勉強してました」−!!
無事希望進路を叶えた先輩方の声は、現中3の耳にはどんな風に聞こえたのか。

中3生であるところのザブチ、今月からついに塾通い開始。
目出度く県大出場で、ますます忙しい部活との両立が目下の課題。

「1年生から塾行ってる人って、大変だったろうねぇ」と、今頃気がついた模様。
その通り。
皆頑張ってるんだよ。
現実が見えてきた?と思いきや、
「今度休みになったら秋葉原行ってこようかな〜」と遊ぶことにも余念がない。

こないだまで『心を整え』てたかと思ったら、
また、机&ベッドサイドにはプラモデル系の雑誌が積まれること山の如し。
学校でもどうやらそういう話題で盛り上がってる様子。

戦車や軍艦・・・プラモデルの話題から戦争論へと、話題は広がり、
私なんかよりよっぽど詳しくなってきた様子のザブチ。
良いような悪いような、少々複雑でもあったりして。

ま、何事にも詳しいおとうしゃんに質問したり、話を聞いたりして、
父と息子の“新しい時間“が持てているのはいいことかな?
歴史の勉強・・・と言えなくもないし。

とにかく知識も情報もほとんどない私のところへ、
「ノルマンディー上陸作戦は?」とか質問してくるトンチンカンなザブチに、
圧倒的情報量で即答できる人がいてくれるのは実に有りがたいことです。

けれどもタイムリー?
先日読んだ本が、珍しく戦争モノ?でした。

怖ろしいほどの飢餓。
手榴弾をつけた犬に戦車の下へ行くよう餌付けし、敵戦車を爆発させる、
人食いや、取り残された女の子たちが採った道・・・と、
かなり凄惨な話も出てくるものの、嫌にならず面白く読めたのがこの本。
フィクションとノンフィクションが上手い具合に合わさって、
悲惨な戦争のさなかの物語なのに、どこかおとぎ話めいていたところにひかれたのか。

ナチス包囲下のレニングラードで暮らしていたレフは、
脱走兵コーリャとともに、軍の大佐の娘の結婚式のために、卵の調達をまかされることに。
皆が飢えに苦しむ戦時中に、卵なんて!?


小柄なユダヤ人のレフと、おしゃべりな二枚目コーリャ。
2人の掛け合いはお気楽な話も多く、ラストに至っては冒険映画を観てるよう。
読み終えてホロリとし、もう一度プロローグに戻って確認し、嬉しくなったという。
敬遠しがちな戦争モノ?にあって、心に残った1冊です。


卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ文庫NV)
早川書房
デイヴィッド ベニオフ

Amazonアソシエイト by 卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ文庫NV) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ザブチ君、ついに塾通いがスタートしたのね。
しかも、県大会出場ときたら練習もハードにもなろうし、
気持ちも部活寄り・・・になりそうなところだね。
両立することで、自分に自信もできるだろうし、
乗り切ったら受験への集中力にもなると思います。
頑張って!
でも体には気をつけんにゃー、暑い時期じゃけんしっかり寝て食べてね。
(なぜか、広島弁)

我がムスコは今伸び悩み、塾や学校をなんと考えて過ごしてるんだろ・・・って、親としては傍から見てイライラやきもき・・・やがて、どうしようと本人次第だから!って開き直り です。
部活もいよいよ終盤で、今日は区の大会の団体戦で敗退。
あとは再来週の個人戦を残すのみで、これで負けたら引退です。
最後の最後にやる気になってるんだもん、
受験もこの調子だったらどうしよう!!!!
shiho
2012/07/16 17:05
shihoさん、
最近の塾は、1学期中に3年で習う所を全部終わらせて、
2学期からは受験勉強一筋?って所が多いんだね。
ザブチのところもそうで、現在の授業なんかチンプンカンプンの様子。
「補習しますから大丈夫」と塾の先生は言ってくださるけど、
今の所、部活延長で毎回遅刻させて貰ってるぐらい。
夏休み、いかに頑張るか−って感じだよ。
人ごとのように・・・大変だねえ〜。

私たちの頃って、そんなにガンガン受験勉強してたっけ?
回りも自分も。

それにしても、アニキは成績良かったもんね。
伸び悩み・・・、それも大変そう。
成績良い子も悪い子も、悩ましい時はいよいよこれからかぁ。
でもでもアニキ、個人戦頑張ってね!!
cochi
2012/07/17 16:39
cochi家もshiho家もどちらもきっと希望の高校に春には入学してるよ!大丈夫!
しかし男の人ってどうして近代日本史に強いんだろうね?
私なんて平安時代で興味をなくしてしまったのにな・・・
しかも実際の授業では時間がなくてすっ飛ばしになるから益々判らなくなる近代日本史だよね。
縄文時代をすっ飛ばして進めば良いのにね。
sachi
2012/07/24 12:38
sachiさん、
ほんとうにどうなることやら。
春が怖い!

確かに幕末辺りから記憶が怪しい・・・。
皆同じ様に授業は進んでるだろうに、この知識の差は何!?
男女で好む分野が違うからかもしれないけど。

じゃぁ、好みの分野なら詳しいか?と言われれば、
理系の人に完全に負けてる私です。
残念・・・。
cochi
2012/07/24 16:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
「卵をめぐる祖父の戦争」  デイヴィット・ベニオフ 本は友達!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる