本は友達!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「怪物はささやく」  パトリック・ネス(著) ジム・ケイ(イラスト) 池田 真紀子(翻訳)

<<   作成日時 : 2012/07/31 16:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

とうとうここまで来ました!

準決勝はお馴染みの中学にPK勝ちの大金星をあげ、
ついに決勝戦

スタンドには応援にまわるサッカー部員、校長先生、たくさんの保護者。
そして少年団時代一緒に練習した女の子や、コーチの姿も。

先制点を挙げたのは相手チーム。
前半のロスタイムに1点入れて追いつきハーフタイム。
後半、延長、再延長と1−1のまま勝負がつかず、ついにPK戦に突入!

もつれにもつれたPK戦も9人目のシュートを止められ、ついにゲームセット。
結果は、1−1 7PK8 残念ながらの準優勝

決勝戦に相応しい、手に汗握る試合で見ごたえ十分。
選手たちも帰る頃には晴れ晴れとした表情に。
それでも、グランドで写真撮影に応じる優勝校を見るにつれ、
やっぱり彼らに優勝旗持たせてあげたかったなぁと思う、
母たちなのでありました。(上から目線?)

さて話は遡り、決勝戦前日。
決勝戦出場校は、”関東大会出場の権利を得る”ということで、
既に我が中学校の関東大会出場が決まったとのこと。

およそ1週間後、栃木県で行われる関東大会に向け、
サッカー部顧問の先生、役員の方々は出場に関する諸々の手配におおわらわのご様子。

ここで。
関東大会出場メンバー15名(3年生)決定。
さらに補助要員として3名の同伴を、先生から役員に打診されたそう。

栃木で行われる関東大会、勝ち続ければ3泊4日の遠征。
サッカー部全員で出向くにはあまりにも大所帯になるため、
お泊りメンバーはこの18名。(プラス2年レギュラー4名)
他の部員は、毎日バスで日帰り応援を繰り返すらしい。

ベンチに入るわけじゃなくお手伝いとしての同行に、
指名された3分の1名がザブチでした。

関東大会レギュラー発表の前に、
「こういう形だけれど参加できる?」と役員さんから打診され、
そのままザブチに伝えた私。
彼的には結構ショックだった様子。

「そうかぁ。ということは、ぼくはメンバーに入れないんだね」

ここまで勝ち進み、
試合毎にどんどん強くなっていくレギュラー陣を応援していて、
とてもじゃないけどザブチのベンチ入りなんて、
頭にもなかった私には、思いもしなかったひとこと。

そうかぁ。
やっぱりちょっとは期待してたんだ。
なんだかシンミリ・・・。

補助要員としての関東大会同行を決めた翌日、
決勝戦ベンチには、給水係りとして働く3人の姿がありました。

・・・補助要員って、一昔前でいうマネージャーのことだったのね。
「ほらほら、選手のためにどんどん働いて!!」
フィールド応援する傍ら、ベンチ内にも目を凝らす母の集団もありました。

それにしても、色んな意味で複雑な心境の母たち。
応援に行けば必死で応援して勝ちを祈る。
もちろん勝つとすごく嬉しい。
けれど、3年の夏。
引退するのはいつになるの?
大丈夫かなぁ。

プラス レギュラーでもナイノニ・・・。
だけど、ユニフォーム着られると良かったなぁ。

そんな矛盾した気持を抱えて夏は続く・・・。

このお話も、主人公の少年が心の奥底に眠る相反した気持に気がつくまでの物語です。

ある晩少年のもとに現われたイチイの木の姿をした怪物。
彼が言うには、「わたしが三つの物語を語り終えたら、今度はおまえが四つめの物語をわたしに話すのだ。・・・」
少年が語る4つ目の物語とは?


中学生の課題図書にもなっているこの本、
装丁も挿絵も美しく、子供たちも読んでみると良いんだけど。

でもハナコにこの世界が解るかなぁ。
ザブチに至っては読書の時間なんてあるのかな!?


怪物はささやく
あすなろ書房
パトリック ネス

Amazonアソシエイト by 怪物はささやく の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そうかぁ・・・そうかぁ・・・。
なんだか、こっちもしみじみしちゃうよ。
小学校から頑張ってここまで続けたことがまず一番。
みんな平等に・・・って風潮の今の時代だけど、
やっぱり実力でしかつかめないことってあると思うんだ。
そのなかで、苦労したりいろんな思いをすることはとってもしんどいと思う。
それでも続けたんだもんね。
きっと、仲間や楽しかった経験が後押ししてくれてたんだと思います。
そっちが一番だね。

さて、今頃は勝ち進んでるか引退して受験街道まっしぐらか??
またのお知らせを待ってます。

cochiさんも、後方支援お疲れさん。
子どもがやってるだけ・・・っていっても、いろいろあるよねー。
高校ではどうなるだろうね??
shiho
2012/08/14 00:30
shihoさん、
関東大会出発当日、雨の中の午前中練習を終え出発準備するザブチ。
私、濡れた道具にぼやきつつ、
(「はー、なんか濡らしに行ったみたいだよね。乾かないよ!!もう!」)
バタバタと出かけていきました。

準備は大変だった?けど、あっけなく1泊で帰宅したサッカー部の面々。
やはり関東大会、第1試合にして「格が違った」そうです。
相手は千葉県1位通過校で、優勝候補だったらしいけど☆

では引退?というと、
なんでも高円宮杯とかいうのが残ってるらしく、
まだまだ続いております。
受験街道はえらく遠そうよ〜〜。
大丈夫かっ!!?
cochi
2012/08/14 12:50
怪物はささやく。

読んでみたいけれど、娘はきっと読まないだろうな〜と
思うと、購入する気がおきず。
図書館では貸し出し中なんですよね。
しばらくすると、きっとブック○フに出てくるから
それまで待とう・・・。って、よくない考えかしら。

まだまだ引退ではないのですね。
強い部活も大変だぁ。
ROKO
2012/08/16 23:10
ROKOさん、
怪物はささやく。
挿絵そのものからもわかるように、
明るいスカッとした物語ではないので、
我が家の子供たちも、きっとお好みじゃないんじゃないかな。
でも複雑な心の内を気づかせてくれる、
こういう本も読んで欲しいと思うのですが。
cochi
2012/08/20 10:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
「怪物はささやく」  パトリック・ネス(著) ジム・ケイ(イラスト) 池田 真紀子(翻訳) 本は友達!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる