本は友達!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「送り人の娘」 廣嶋 玲子

<<   作成日時 : 2010/06/30 11:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

それは一昨日の晩。
いつものように、おとうしゃんからの帰るコール。

多少?早いこと以外で、いつもと違うのは「もう皆風呂入った?」って質問があったこと。

あっ、そういえば、
朝出掛けに「そろそろ虫捕りのシーズンだ。」とか言ってたっけ・・・。
だけど、皆もう入っちゃったよ!
すっかり忘れてました。

「これから虫捕り行くの?」
「うーん、今日はホタル見に行こうかと思って。」

ホタル!?

そういえば昨年、いつものように家族で虫捕りに行き、
それらしきものを見かけ、すごく嬉しかったんだっけ。

おとうしゃん説によると、
時期的にはちょっと遅いけど、
蒸し暑く、雨上がりの曇り空で、風もない今日のような日は、
絶好のホタル日和(cochi造語)なんだそう。

結局時期も時期だし、もう寝る時間だし・・・と子供を休ませた後、
10分ほど車を走らせて着いたそこは、どうやら見沼田んぼの中。

真っ暗な中、おとうしゃんと2人で進んでいくものの、気配なし。

こじんまりしたホタル生息地とされるそのスペースは、
用水路沿いに池が2つほどあり、
くるりと一周するのにそれほど時間はかかりません。

1番先まで行ってみると、
「5月24日に発生したホタルは6月16日にはいなくなりました。
もうホタルはいません
また来年お会いしましょう。さようなら
そんな看板が。

あちゃー、
やっぱり遅かったんだ。

「ホタルって8月のイメージだったのになぁ」
「いやいや、ムシの発生はこの時期だから・・・」
そんな会話をしつつ、
賑やかなカエルの合唱をBGMに、
雲の間から時折見え隠れするまん丸お月様を眺めて歩くのも、
悪くないかも。
強がりじゃなくっ!

それでもピカッと光る気配があると、
サッと反応し、その度に、
「あー、車のライトだ。」「街明かりか〜。」
と、がっかりさせられたのでした。

ま、初めてだし、こんなもの?
それでも何となくお名残惜しく、開けた草地までもう一度歩いてみると・・・。

向こうの茂みの辺りになにやら光るものが!

あれは!!

例えてみると−、
曲がりくねった山道を1台の車が走ってくる・・・。
初めは遠かった光がどんどん近づいて、
眩しい!と思ったらあっという間に通り過ぎていった。
−そんな感じ。

ぼんやりほのかな光が、ほやほやと・・・そんな想像していたけれど、全然違う、力強い光。
生きてる、明るい輝き。

諦めかけていたところに姿を現してくれた上、
こちらに飛んできてくれて。
遠くへ行ったかと思うと、また戻ってきて、
そのまま木にとまった1匹のホタル

おかげで、黒い身体とオレンジ色の頭までしっかり見えました。
それは正真正銘紛うかたなきホタル
びっくり。
しかもたった1匹。

あんまりラッキーだったので、ちょっと気になってしまった・・・。
大丈夫かな。
わざわざ?あんなに近くに来てくれるなんて。
ホタルって、あるものによく例えられるから。

・・・誰かの魂だとか。

この本を読みながら想像していた魂は、
今までイメージしていたところのホタルの光を、
ちょうど手のひらで包み込めるぐらいの大きさにしたもの・・・。
この晩、木にとまった時のような、ボウッとした光に包まれた。

そんなを、黄泉の世界に送り届ける不思議な力を持つ少女伊予
額に目の刺青を持つ彼女ら「送り人」には、「蘇り」の力はないはずだった。
ところが、ある日伊予は死んだを蘇らせる。
そのことを知った覇者猛日王は、彼女を手に入れんと狙い始める。
そんな彼女を救ったのは、命を助けた狼闇真だった・・・。

上代の神話を組み込んだ、和製のファンタジー。
学生時代に学んだ神々の登場には、
よく出来てるな〜と、感心したり。

鮮烈な印象を残してくれたホタルくん、
また来年は、家族そろって御目文字かないますように。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
家から10分でホタルかあ。
1匹だけでも会えてよかったね。
お子たちは悔しがらなかった?
ホタルからメッセージなんてのも粋だわぁ。

神話のおはなしは、
ファンタジーも原版?も好き。
また、名前がいいよねー。
(そこは、惹かれどころなのか?)

shiho
2010/07/01 14:38
shihoさん、
>家から10分でホタルかあ。
我が家は自転車を20分も走らせると、
田んぼのど真ん中にも、
便利なショッピングモールにも出られる好立地なんだよ。

某海沿いの町で電車を30分待ってる間に、
行きたいところに行けるって凄いと思うのでした☆

神話は和物洋物どちらも好き。
でも子供たちは好きじゃないんだって。
ツマラナイ。
cochi
2010/07/01 16:10
ちと遅かったですか〜ぁ
飯能の山奥(栗東?)のあたりはまだ気温が寒いから今も見られるかも・・・
そういえば二年前に蛍の大群を見たさに出かけたなぁ〜
sachi
2010/07/17 10:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
「送り人の娘」 廣嶋 玲子 本は友達!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる